トップコラム

サムライになりたいコム

士業(さむらいぎょう・しぎょう)は、○○士という名称の俗称です。広義においては、○○師も含む場合もあります。主な士業に、税理士、社労士、司法書士、行政書士、弁護士、会計士などがあります。
これらの士業は、以前はステータスのある職業の代名詞的な存在でしたが、今は状況が変わってきているようです。
独立すれば高収入が約束されていた税理士ですが、この税理士を取り巻く環境が厳しくなっているようなのです。以前は、企業のお金回りの業務は税理士が一括して引き受けていましたが、今はこれらの業務を引き受ける会計事務所が増えてきているため、仕事が減少していっています。また、便利で使いやすい会計ソフトの普及も仕事の減少の原因となっています。税理士に依頼するよりも会計ソフトを利用した方が圧倒的にコストの削減につながるので当然の結果だといえます。
これらのことから、税理士は税務業務だけをこなしているだけでは生き残れない状況になってきているといえます。豊富な知識と経験を活かしてコンサルタント業に乗り出している税理士事務所もあります。また、今のネットの普及のため、ネットに不慣れな税理士は今後仕事がどんどんと減っていくことが容易に予測されます。電子メールを使えない税理士は論外と言わざるを得ないでしょう。

厳しい状況に立たされているのは税理士だけではありません。多くの弁護士が岐路に立たされているといわれています。国の方針で弁護士を増やした結果、仕事がない弁護士が急増してしまいました。法律事務所に就職できずに、自宅を事務所にして活動している新人弁護士も数多くいます。しかし、コネも実績もない新人弁護士が仕事を得るのは難しく、年収が100万円を下回る弁護士も少なくないといいます。弁護士を増やし過ぎたことの弊害から、今後は司法試験の合格者数を減らすことが近頃決定したほどです。

厳しい状況に立たされている弁護士ですが、仕事があるだけマシだという見方もできます。なぜなら、行政書士に関していえば、仕事そのものがなくなってきているというのです。これは、これまで行政書士が行ってきていた業務を仕事が減ってきている弁護士、会計士、税理士が行うようになってきたからです。行政書士の資格だけでは生き残ることは厳しく、行政書士プラス他の有益な資格を有していないと仕事を得るのは難しくなってきています。

以上のことから、士業を取り巻く環境は厳しくなってきていることがわかります。法サービスのインフラ安定のためにも、このような状況は改善されていってほしいと思います。